マエストロの株式ボナセーラ 株式テクニカル分析注目銘柄

2008年07月31日

北京オリンピック

経済効果(株価推移)


4年に1度の世界的なイベントであるオリンピックであるが、

これが、株価にどう影響するかについて検討します。


北京と日本ですから、それほど大きな時差がない。

つまり、多くの人が、テレビの前に釘付けになる。

外食産業は、閑古鳥が鳴き、場合によっては、倒産・廃業する業者も出てくるでしょう。


それに引き換え、メディア関連の銘柄(特にスカパー)などは、

7月から8月にかけて契約件数が増大するのではないでしょうか。


テレビなどのハードの需要は、既に昨年までに購入しているとの見解が

多く見受けられ、あまり期待(効果)は無いとみた方が良いでしょう。
posted by アレックス at 18:09 | TrackBack(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。