マエストロの株式ボナセーラ 株式テクニカル分析注目銘柄

2007年09月28日

モバイルビジネス研究会


オープン型モバイルビジネス環境


携帯電話の販売モデルの在り方にについて、研究会から、

2008年度は、通信料金と端末代金の分離プランの

導入を部分的に導入し、2010年を目処に本格的導入に

向けた結論を出す事になっている。



これの問題が、大きな要因として業界全体に対する評価が

下がっているのが現状ですが、更に株価も下がっている。


しかし、販売代理店の再編が加速するにつれて、

『資金力』、『組織力』、『情報力』を備えた企業が、

最後には勝つであろうし、今からそういう企業に投資を

すべきではないでしょうか。


posted by アレックス at 13:50 | TrackBack(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。