マエストロの株式ボナセーラ 株式テクニカル分析注目銘柄

2008年08月20日

株価の動き


USENの終値


本日の結果

 始値:322 高値:325 安値:310 終値:311

 出来高:104,060株 33百万円



日経平均株価が、下げる中にありながら、検討していたが、

午後3時の直前に、一挙に10円以上の下げがあり、当然、

出来高も急上昇するという事態が発生。



一体全体何が起きたのだろうか。

明日の株価が楽しみである。




  
 
posted by アレックス at 15:18 | TrackBack(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

分散投資

ウォーレン・バフェット


最近は、どうか分からないが、昔はよく耳にした言葉に、

「 分散投資 」がある。


株式投資で、何銘柄まで投資するのが、分散投資になるかは、

議論の余地はあるだろう。


一般的に個人投資家で、5銘柄までが限度ではないでしょうか。

それより多くの銘柄を見て管理し、分析し、投資をするのは、

少々きついのではないでしょうか。


バフェットも言っているように、

「 分散投資は、自分が何をやっているのか、分かっていない人の為のものだ 」

私も同感であり、特に、資金に限りのある個人投資家は、

少ない資金を最大限に有効利用する為には、1銘柄に投資するのも

ベストではないでしょうか。








posted by アレックス at 15:01 | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーバンコーポレーションの噂


反社会的勢力との


今年最大の企業破たんということで、お盆の最中に飛び込んできた

ニュースには、少々驚きました。


確かに、今年に入ってから、スルガ、ゼファーに続き、不動産銘柄の

経営破たんは、次はどこが危ないなどの噂の内の1社であった事に

間違いはないでしょう。


これは、私だけでなく、他の多くの方も同じような予想をされていたと思います。


しかし、このお盆期間中であるとは、予想外でした。

私的には、早くてもお盆明けの今週が妥当だと思っていました。


アーバンは、世間で噂されている「 USA 」の一角であり、

「 U 」:アーバンコーポレーション

「 S 」:スルガコーポレーション

「 A 」:             

ですから、・・・・・・・・



posted by アレックス at 11:26 | TrackBack(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月31日

北京オリンピック

経済効果(株価推移)


4年に1度の世界的なイベントであるオリンピックであるが、

これが、株価にどう影響するかについて検討します。


北京と日本ですから、それほど大きな時差がない。

つまり、多くの人が、テレビの前に釘付けになる。

外食産業は、閑古鳥が鳴き、場合によっては、倒産・廃業する業者も出てくるでしょう。


それに引き換え、メディア関連の銘柄(特にスカパー)などは、

7月から8月にかけて契約件数が増大するのではないでしょうか。


テレビなどのハードの需要は、既に昨年までに購入しているとの見解が

多く見受けられ、あまり期待(効果)は無いとみた方が良いでしょう。
posted by アレックス at 18:09 | TrackBack(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

一刻魁堂


JBイレブン


名証・セントレックスに上場しているJBイレブンですが、

本日の出来高はありません。

つまり、売買が成立していない。



市場の商いも閑散ならば、店舗の営業も閑散ではないでしょうか。

先日、名証のIRエキスポに行って来ましたが、当然ながら、

JBイレブンもブースを設けて出店していました。



そこで、私は、アンケートに記入して、担当者の方とお話をさせて頂きました。

その方は、まだ入社2〜3年の若い男性で、色々質問してみましたが、

消化仕入れ方式をご存じではありませんでした。



今後の食材の高騰、物流費のコスト増にどのように対応されるのでしょうか

の質問に対しては、CKで店舗からの発注に対して必要な分だけ製造する

から大丈夫との事でした。



これ以上の質問は、無理だと判断して、500円の金券を頂き、早速店舗で

使用させて頂きました。

商品名は、忘れましたが、1050円に500円の金券を使用しましたから、

確実に店舗は、赤字ですね。



果たして、これで大丈夫なのでしょうか。




posted by アレックス at 18:26 | TrackBack(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外食産業情報

先週の土日の営業


外食産業の速報が出ております。

先週の26日(土)、27日(日)の売上高ですが、夏休みにも入り、

給料も出たところだが、その前の週の土日よりも悪化している。

気温が上昇すれば、外食産業というのは一般的には比例して

売上高も上昇するのだが、大きく予想がハズレております。



今年は、外食産業にとっては、ガソリン価格の高騰、食材の偽装、使い回し等と

悪いニュースが多く、当然ながら売上にも影響をしております。

今月が中間、期末を向かえる企業にとっては、厳しい数字となるでしょう。



東証1部上場の「サガミチェーン」は、うどん・そばの業態を展開しており、

食材の高騰でかなり厳しい結果になるのではないでしょうか。



個人的な見解ですので、結果はどうなるか分かりませんが、楽しみですね。

それよりも、私は、「うなぎ」が大好物ですので、来年の今頃は、

高くて食べれないかもしれないと業界の一部では囁かれているので、

今度の日曜日は食べに行く予定です。


それでは、皆さんの持ち株も、気温の上昇とともに上がる事を祈って、

この厚い夏を乗り越えていきたいと思います。

・・・夏が苦手な私にとっては、1日でも過ごしやすい日でありますように・・・




posted by アレックス at 14:10 | TrackBack(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

ブロンコビリーの下方修正

本当の理由



ブロンコビリーの売りは、「葡萄牛」であるが、その「葡萄牛」が、

日本へ入ってこなくなる可能性がある。



この牛は、オーストラリア産であり、取扱業者は、プリマハムときている。

ただでさえ、仮に入って来たとしても、かなりな高値となり、

それで、ブロンコビリーの商売が成り立つのだろうか。



ただ、ブロンコとしては、「葡萄牛」が看板で展開している業態でもあり、

これ無しの営業はありえないでしょう。

これは、業態変換と言っても過言ではない。



とすると、どんなに高額であってもプリマハムから購入するかもしれない。

だが、プリマハムが、現地(オーストラリア)で契約をするかどうかが大きなポイントである。



ステーキ用の肉だけでなく、その他の部位を誰が購入するかである。

その大きなリスクをブロンコが被るのか、いや、それはないでしょう。



そう考えると、あと1年程度は何とかなったとしても、その後の目途がつかないので、

先がなくなるでしょう。



業界関係者の情報ですが、世の中何が起きるか分かりませんから、

さて、どうなるかは、お楽しみですね。


 


posted by アレックス at 16:00 | TrackBack(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。